HOME > どうスゴイ?どう違う? pH12.7 のヒミツ

  どうスゴイ?どう違う? pH12.7 のヒミツ

pH(ペーハー)って何?

pH(ペーハー)とは、物質の酸性・アルカリ性の度合いを示す数値のことで、
一般的にpH0~pH14までの数値で表現されます。
pH0に近づくほど酸性になり、逆にpH14に近づくとアルカリ性になります。真ん中のpH7は中性と呼ばれ、
それより数字が大きくなるとアルカリ性、小さくなると酸性になります。

身近な物だと、水道水はpH7前後の中性。酸っぱいレモンはpH2の酸性。
飲料用のアルカリイオン水はpH8~9のアルカリ性が多いです。(メーカーによって若干違います)



pH12.7ってどうスゴイ?

アクアエクスは普通の水を特殊製法により電気分解して
つくられたマイナスイオンを多く持つ水で
電解アルカリ水」と言います。

アクアエクスは下のグラフの右の方に分類されます。
一般的にpH10以上で洗浄効果が、
pH12.5以上で除菌効果も期待できるようになります。

電解アルカリ水にはpH13.0を超えるものもありますが、アクアエクスはpH12.7という数値にこだわりました。
それは…

家庭で使うものだから、洗浄力と肌への優しさを両立したい  

という想いがこめられています。
pHが高くなれば、肌への刺激も強くなります。
逆にpHが低くなれば、汚れが落ち難くなり
衛生面が心配になります。
家庭用のアクアエクスはpH12.7という
絶妙な数値にすることで


「洗浄力」「使いやすさ」「肌への優しさ」

をすべて兼ね備えることを実現しました。


商品 LINE UP
TOPICS